山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ行政情報計画・政策鳴沢村地域おこし協力隊員の募集について
 
2019年5月27日 更新
印刷用ページを開く
鳴沢村地域おこし協力隊員の募集について
 地域おこし協力隊員の募集を行います。 
鳴沢村の概要
【位置と地勢】
 当村は、富士山北麓の山梨県の南東部に位置し、北から西は富士河口湖町、東は富士吉田市、南は静岡県富士宮市とそれぞれ接している。集落付近は標高900mから1,000mの高冷地で、鳴沢村北部に位置する鳴沢及び大田和の二つの集落と別荘地で形成されている。村域の形状はほぼ長方形で、東西8km、南北14.5kmと南北に長く、面積は8,956haとなっている。また、北緯35度、東経138度線上に位置している。本農業振興地域は、村域のうち、富士箱根伊豆国立公園の特別保護地区等を除いた、3,980haが指定されている。このうち農用地区域は、地形・地域条件により、鳴沢地域と大田和地域に2区分している。交通面では首都圏100km圏内にあり、新宿へは中央自動車道利用で1時間30分で到達でき、静岡県の富士市、沼津市まで1時間強の距離にある。村の北縁を東西に走る国道139号線が他市町村と連絡する広域道路として重要な役割を果たしている。
【人口・世帯数】
 当村の人口は国勢調査によると、年々増加傾向にあったが、平成22年に2,964 人、平成27年には、2,921人となり、減少傾向に転じた。総世帯数については、1,036世帯で、前回調査より21世帯増加している。1世帯あたりの人員は、年々減少傾向にある。
 しかし、全国的にみると、1世帯あたり人員が、2.33人(平成27年国勢調査結果より)となっており、全国平均に比べて高くなっている。
 また、平成30年の高齢者人口比率は、30.6%となっており、山梨県の比率29.4%を上回っている。
【産業】
 産業別就業者数の推移をみると、第1次産業が147人で9.5%、第2次産業が496人で31.9%、第3次産業911人で58.6%になっている。第1次産業のうち、農業就業人口は120人となっている。
【農業の振興】
 村の気候や、都心から近い立地条件を活かし、キャベツやスイートコーン等の高原野菜を生産している。また、ブルーベリー等の果樹やビオラ等の花き栽培等、新たな作物の栽培により、農業振興を図ってきた。
 しかし、経営耕地面積は年々減少し、農業従事者の高齢化や兼業農家の増加等、担い手の不足が大きな課題となっている。
 平成19年度から、中山間地域総合整備事業が始まり、ほ場整備、有害鳥獣による農作物被害防止のための防護柵の設置、畑地かんがい井戸、集落道の整備を実施している。


業務概要
■活動内容
@農産物のPR・販路拡大に関する活動
(インターネットを活用した新たな販路拡大など)
A地域資源を活用した特産品の開発に関する活動
(新たな農産物の導入、6次産業化など)
B観光資源の発掘、情報発信に関する活動
(新たな観光ルートの開発、体験型観光の構築など)
■募集条件
・年齢20〜40歳まで
・性別 問いません
・免許資格 普通自動車免許を持っていること
・日本国籍を有する者
・地方公務員法第16条に規定する欠格条件に該当する者
・3大都市圏をはじめとする都市地域(過疎地域自立促進特別措置法(平成12年法律第15号)、山村振興法(昭和40年法律第64号)、離島振興法(昭和28年法律第72号)、及び半島振興法(昭和60年法律63号)に基づく対象地域或いは指定地域以外の地域をいう。)に生活の拠点をおく住民で本村に住民票を異動できる者又は他自治体において2年以上の地域おこし協力隊の隊員経験があり、解嘱から1年以内の者であって本村に住民票を異動できる者
・心身ともに健康な状態で、かつ、意欲と情熱を持って地域活動を遂行すると認められる者
・パソコンの操作ができること(ワード・エクセル・インターネット等)
・任期終了後、鳴沢村において起業・就職・定住に意欲がある者
■選考にあたり考慮する条件
・各種マーケティングやプロモーションに関する実務経験
・ICTやグラフィックデザイン、パソコン等による専門的な実務経験
・調理師免許・食品衛生管理者免許の資格保有
・旅行代理店等での実務経験や国内旅行業務取扱い管理者以上の資格保有
・外国語通訳や翻訳の経験、英語・中国語・外国語会話
募集人員・勤務地
2人・山梨県鳴沢村
勤務時間
・8時30分から17時30分を基本とします。
※活動の内容により時間外の作業が発生することもあります。
・休日・休暇 年間105日(原則として週5日勤務)その他特別休暇あり
雇用形態・期間
・鳴沢村地域おこし協力隊員として鳴沢村が委嘱します。
・期間は令和元年10月1日から1年間とし、1年毎に延長が可能ですが最長3年間です。
報酬費
月額 166,000円
待遇・福利厚生
・住居費支給(月額5万円まで)
・活動に必要な自動車及び備品等は村で用意する。
・社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入する
申込受付期間
2019年6月3日(月)〜2019年7月24日(水)
審査方法
■応募手続き  
7月24日(水)までに次の書類を郵送で提出して下さい。
・履歴書(市販のもので可。直筆、写真添付。)
・応募用紙
・住民票の抄本
・自己PR文(1,600文字程度、書式は自由)
※地域おこし協力隊として鳴沢村で活動する意気込み及び鳴沢村の魅力とそのPR方法や自己PRを含めてください。
■選考方法
○1次選考(書類選考)
書類選考の上、その結果を応募者全員に文書で通知します。
○2次選考(面接等)
第1次選考合格者に面談を行います。日時等は、第1次選考結果を通知する際にお知らせいたします。選考結果については、通知します。
※応募に要する経費及び面談に要する交通費及び宿泊費は、応募者負担になります。
※選考の経過及び結果については、応じられません。
PDFファイルはこちら
(tiikiokoshibosyu.pdf: 502k)
ダウンロードファイルはこちら
(tiikiokoshiouboyoushi.xls: 50k)
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
企画課 企画係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-2312  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: kikaku@vill.narusawa.lg.jp