コンテンツ一覧へジャンプ
山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内健康・保険・医療・年金
健康・保険・医療・年金
鳴沢村応援寄附金
鳴沢村企業誘致のご案内
健康・保険・医療・年金
次へ p. 1/2
既定
日付 検索
鳴沢村診療所開業医誘致事業補助金の進捗状況についてお知らせします。
5/1(月)献血を役場にて行いますのでご協力をお願いします。
「献血」を鳴沢村役場にて行います。
みなさまの優しさとご協力をお願いします。
ひとりでも多くの人を救いたい。その想いを実現するために献血をお願いします。
高齢者用肺炎球菌ワクチン平成29年度接種対象者のお知らせ
接種期間は30年3月31日までです。通知は3月末に送付します。
接種期間内に接種できなかった場合、その後の接種は任意接種(全額自己負担:約8千円)となりますのでご注意ください。平成26年度から平成30年度までは国で定めた経過措置があり、定期接種対象者が決まっています。
おたふくの今年度の助成は平成29年3月31日まで。
鳴沢村では任意助成の予防接種を助成しています。

ジェネリック医薬品は、これまでに使われてきたお薬の特許が切れた後に、同等の品質で製造販売される低価格のお薬です。
満40歳・50歳・60歳の方を対象に歯周疾患検診を無料でうけることができます。
歯を失う大きな原因となっている歯周疾患・歯槽膿漏(しそうのうろう)の予防と早期発見を推進し、
年をとっても自分の歯で食べることが出来、健康で快適な生活を送れるように支援することを目的として歯周疾患検診を実施します。
※最近、関西や千葉で麻しん(はしか)患者が増えています。
近年、全国的な風しん患者増加とともに、麻しん患者も増加しており、市町村のMR接種状況をみると、小学校6年生からの接種率が低くなっているため、この機会に住民の健康維持及び増進を図るためワクチン接種の費用の一部助成事業をおこないます。
これから冬に向けて、インフルエンザの流行シーズンを迎えます。
インフルエンザウイルスに感染すると、高熱、咳、咽頭痛、倦怠感や、鼻汁・鼻閉、頭痛、下痢等の症状が現れます。
鳴沢村では、インフルエンザの発病・重症化を予防し、まん延を防止するために、接種料金の一部を助成しています。
委託契約医療機関以外の県外等での予防接種を受けたい方への予防接種費の償還払について
これから冬に向けて、インフルエンザの流行シーズンを迎えます。
インフルエンザウイルスに感染すると、高熱、咳、咽頭痛、倦怠感や、鼻汁・鼻閉、頭痛、下痢等の症状が現れます。
鳴沢村では、インフルエンザの発病・重症化を予防し、まん延を防止するために、接種料金の一部を公費負担しています。
特定健康診査、各種がん検診、人間ドックのご案内
75歳(一定の障害がある方は65歳)以上の方を対象とした医療制度です。
救急医療適正利用について
日本に住んでいる20歳以上60歳未満の方は、全員が国民年金加入者です。
加入者は商業などによって3つのグループ(1号・2号・3号)に分かれており、それぞれ加入手続きや保険料の納付方法が異なります。

就職や転職、結婚、退職などにより国民年金の加入のしかたが変わることがあり、そのつど届出が必要となります。
届出を忘れると、将来受け取る年金額が減額されたり、受けられなくなる場合があります。
休日・夜間の当番医等を案内するホームページリンク集です。
受診する前に、必ず医療機関に電話して、「これから診療を受けたいこと」を告げてからお出かけください。
救急車を必要とする病気やケガの場合は、直接「119番」へ電話してください。
健康相談窓口のご案内、健康になるための教室・講座のご案内
平成25年4月1日から養育医療の窓口が村になりました。県の事業が市町村へ移行となったためです。
熱中症は例年、7月下旬から8月上旬にかけて梅雨明け頃に多発してます。熱中症の予防法と応急処置法を知り、家族みんなで夏を元気に過ごしましょう。
次へ p. 1/2
既定
日付 検索
山梨県鳴沢村