山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ観光案内 見どころ神社・お寺八幡神社
親情報へ 
2008年6月30日 更新
印刷用ページを開く
八幡神社
当神社には舞台を研究する学者の見学も多 い。また、神社近くには両墓制の墓地もあり民俗学を志す人には、格好の研究フィー ルドとなっています。
八幡神社
八幡神社
特色
祭神 応神天皇 例祭日 9月15日
大田和地区の産土神。創建は慶長年間(1596−1615)と伝えられる。大火により消失後、文政8年(1825)に本殿再建。境内には、茅葺きの建物で、村歌舞伎の舞台があり、奈落操作の回り舞台となっています。
また、神仏混交の名残をとどめる「阿弥陀堂」には「三十六歌仙」が天井板に極彩色で描かれています。
お祭りしている神様
応神天皇(おうじんてんのう)

日本書紀や古事記で第15代の天皇。父は仲哀天皇(ちゅうあいてんのう)。母は神功皇后(じんぐうこうごう)とされる。
神社の歴史
建てられたのは慶長年間(1596〜1615)と伝えられる。文化14年(1817)に拝殿、文政8年(1825)に本殿が完成した。
祭りの日
9月15日
その他
境内にある舞殿は平成13年11月に改築されたが、かつては屋根が茅葺きであった。本格的な農村歌舞伎のしつらえで、県内にも類例の少ない奈落操作の回り舞台である。昭和の初期ごろまでは興業がみられ、村の娯楽施設としての役割も果たしていた。昭和56年9月21日に村の有形文化財に指定されている。
文化財指定
昭和56年9月21日 村文化財指定
駐車場の有無
境内に駐車できます
交通アクセス
河口湖駅から富士急行バス 本栖湖方面行バス 一本木下車 徒歩15分
地図情報はこちら
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
教育委員会 教育課 社会教育係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-2606  Fax: 0555-85-3301
E-Mail: kyouiku@vill.narusawa.lg.jp