山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内健康・保険・医療・年金国民年金
 
2008年6月20日 更新
印刷用ページを開く
国民年金
国民年金には、日本に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が、加入しなければなりません。
関連情報はこちら
学生納付特例制度について 引き続き在学予定の方へ
学生で所得がない場合や少ないことにより、国民年金保険料を納めるのが困難な場合は、申請して日本年金機構で前年の所得などを審査して、承認を受けると、その期間の保険料の全額が納付猶予されます。
国民年金受給資格期間短縮についてお知らせします。
会社等退職した場合は、国民年金加入の手続が必要です。(第2号被保険者から第1号被保険者に種別変更になります。)
国民年金に加入する方は、保険料の納め方などの違いによって、次の3種類に分かれています。
国民年金は、日本国内に住んでいる20歳以上60歳未満のすべての人が必ず加入する制度です。20歳になったら、国民年金に加入しなければなりません。
会社等に就職した場合は、国民年金(第1号被保険者)から厚生年金や共済組合(第2号被保険者)に変更になります。
国民年金の保険料、付加保険料の納付方法について
国民年金は20歳から60歳になるまで保険料を納めることになっていますが、経済的な理由などで保険料を納めるのが困難な人は、保険料の免除申請制度があります。承認されれば保険料の免除を受けられます。
老齢基礎年金は保険料を納めた期間と保険料の免除を受けた期間を合わせて、原則として25年以上ある人が65歳から受けられます。
★原則として65歳
ただし、60歳から減額された年金の繰上げ支給や、66歳から70歳までの希望する年齢から増額された年金の繰下げ支給を請求できます。
国民年金に加入中に病気やケガで障害者になったときや、20歳前の事故や病気等で障害者になった時に障害基礎年金が支給されます。初診日に加入していた制度で手続きが異なるので、まずは窓口に連絡ください。
国民年金の第1号被保険者として保険料を3年以上納めた人が、老齢基礎年金、障害基礎年金を受けず亡くなった時、一緒に生活をしていた遺族が遺族年金など受けられない場合に支給されます。
ただし、死亡一時金と寡婦年金の両方を受ける資格のある場合は,どちらか一方を選択します。
第1号被保険者として保険料を納めた期間(免除期間含む)が、25年以上ある夫が死亡したな場合、夫に扶養されていて、死亡したときまで引き続き10年以上の婚姻関係があった妻に60歳から65歳までの間支給されます。
ただし、寡婦年金と死亡一時金は、どちらか一方の選択になります。
年金を受けている人が亡くなられたら、その遺族の方は「年金受給権者死亡届」を出さなければなりません。もし、届出が遅れたり、忘れたりすると、死亡日以後も年金を多く受け取りすぎて、後で返さなければならなくなることもありますので、ご注意ください。
被保険者または老齢基礎年金の受給資格期間を満たした人などが死亡したとき、その人に生計を維持されていた子のいる妻(または子)に、遺族基礎年金が支給されます。
国民年金後納制度についてお知らせ
国民年金保険料過去分の後納について
日本年金機構の「ねんきんネット」サービスでは、自分の年金記録がいつでもインターネットで確認できます。基礎年金番号をご用意の上、「ねんきん定期便」に記載されているアクセスキー(17桁の数字。なお、アクセスキーの有効期限は3か月です。)を使って登録すれば、すぐにサービスを利用できます。(アクセスキーをお持ちでない方も所定の申込手続きをすればご利用可能です)
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
福祉保健課 保健衛生係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3081  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: fukushi@vill.narusawa.lg.jp