山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内福祉介護保険介護保険で受けられるサービス
親情報へ 
2013年10月9日 更新
印刷用ページを開く
介護保険で受けられるサービス
居宅サービス・施設サービス等のご案内
居宅サービス
<
■居宅介護支援(ケアプラン作成など)
介護を必要とする高齢者などが介護サービスを適切に利用できるように、利用者の依頼を受けて心身の状況、環境、本人や家族の希望をもとに、利用するサービスの種類と内容、担当者などを定めた計画(ケアプラン)を作成します。さらに、サービスを提供している事業者と連絡してサービスを確保し、その後も利用者の状態の変化などに応じて適切なサービスが提供されるようにします。居宅サービス計画の作成を居宅介護支援事業所に依頼した場合、作成にかかる費用は全額介護保険から支給されます(自己負担はありません)。また、本人やご家族に代わって要介護認定申請の代行を行うこともできます。
 
■訪問介護
ホームヘルパーが自宅を訪問して、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話を行います。
 
■訪問入浴介護
浴槽を積んだ入浴車で自宅を訪問して、入浴の介護を行います。
 
■訪問看護
看護師等が自宅を訪問して、家庭において看護師等が療養上の世話や必要な診療を要すると主治医が認める補助を行います。
 
■訪問リハビリテーション
理学療法士や作業療法士等が自宅を訪問して、心身の機能を維持回復させ、日常生活の自立を助けるために行われる理学療法、作業療法、その他必要なリハビリテーションを行います。
 
■居宅療養管理指導
医師、歯科医師、薬剤師等が自宅を訪問して、療養上の管理や指導を行います。
 
■通所介護(デイサービス)
デイサービスセンターに通い、食事の提供や日常生活の世話、それらに伴う相談や助言、機能回復の訓練などを行います。
 
■通所リハビリテーション(デイケア)
介護老人保健施設、病院、診療所などに通い、心身の機能を維持回復させ、日常生活の自立を助けるために理学療法、作業療法、その他の必要なリハビリテーションを行います。
 
■短期入所生活介護(福祉施設のショートステイ)
施設などに短期間だけ入所して、入浴、排泄、食事等の介護その他日常生活上の世話を行います。
 
■短期入所療養介護(医療施設のショートステイ)
介護老人保健施設、療養型病床群などに短期間だけ入所して、看護、医学的管理下における介護、機能訓練、その他必要な医療などを行います。
 
■痴呆対応型共同生活介護(グループホーム)
痴呆の状態にある方が共同生活を行い、入浴、排泄、食事等の介護、日常生活上の世話や、機能訓練および療養上の世話を行います。
 
■特定施設入所者生活介護
有料老人ホーム、軽費老人ホーム(ケアハウス)に入所している方に、その施設のケアプランに基づいて提供される入浴、排泄、食事等の介護、その他の日常生活の世話、機能訓練、療養上の世話を行います。
 
■福祉用具貸与
心身の機能が低下し日常生活を営むのに支障がある方に対し、自立を支援するためのベッド、車いす、移動用リフトなどをお貸しします。
 
住宅改修
段差解消や手すりの設置工事などの住宅改修費を支給します。
住宅改修費用の支給限度基準額は、20万円と定められており、そのうち介護保険から給付されるのは、改修費の10分の9になります。そのため18万円が給付の上限となります。
申請するためには事前協議が必要となります。
 申請の流れ
介護保険住宅改修事前協議申請書の提出→工事着工→工事完成→介護保険住宅改修費支給申請書の提出→住宅改修費の支給
詳しくは、住宅改修の手引きをご覧ください。
 
PDFファイルはこちら
(fukushiyougu.pdf: 96k)
(kaisyuuzizenn.pdf: 111k)
住宅改修には事前協議が必要となります。
(kaisyuusinnsei.pdf: 117k)
住宅改修工事が完了したときに申請となります。
(youryou.pdf: 142k)
住宅改修費支給申請を行う場合、参考にして下さい。
(tebiki.pdf: 241k)
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
福祉保健課 福祉係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3081  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: fukushi@vill.narusawa.lg.jp