山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内福祉介護保険介護保険を利用するには
親情報へ 
2015年6月16日 更新
印刷用ページを開く
介護保険を利用するには
介護保険を利用するには、要介護認定の申請が必要です。
要介護認定申請
介護保険を利用するには、寝たきりや痴呆などの状態から介護が必要な度合い(要介護度)を判定する、要介護認定申請が必要になります。役場に申請すると、調査員が申請者の状態を調査し、同時にかかりつけの医師に意見書を書いてもらい、コンピュータによる一次判定を経て、富士河口湖町、鳴沢村介護認定審査会で保健・医療・福祉分野の専門家による審査判定がおこなわれ、原則30日以内に結果が通知されます。
申請方法
役場住民福祉課で申請書に必要事項を記入して、本人または家族が申請してください。 なお、申請は居宅介護支援事業所や介護保険施設などに代行してもらうこともできます。
申請対象となる方
◆ 65歳以上で介護が必要になった方
◆ 40歳から64歳で、次の病気により介護が必要になった方
1. がん(医師が一般に認められている医学的知見にもとづき回復の見込みがない状態至ったと判断したものに限る)
2.  間接リウマチ
3. 筋萎縮性側索硬化症    
4.  後縦靭帯骨化症    
5.  骨折を伴う骨粗鬆症    
6.  初老期における認知症 
7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病    
8.  脊髄小脳変性症    
9.  脊柱管狭窄症    
10. 早老症 
11. 多系統萎縮症
12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症 
13. 脳血管疾患    
14 閉塞性動脈硬化症    
15. 慢性閉塞性肺疾患  
16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症 
介護予防サービス・在宅サービスの支給限度額
 要介護状態
区分
 心身の状態の例
 支給限度額
(1ヵ月)
要支援1
基本的な日常生活は、ほぼ自分で行うことができるが、要介護状態にならないように何らかの支援が必要
50,030円
要支援2
要支援1の状態より基本的な日常生活を行う能力がわずかに低下し、何らかの支援が必要
104,730円
要介護1
  • 基本的な日常生活や身の回りの世話などに一部介助が必要。
  • 立ち上がりなどに支えが必要。 
166,920円
要介護2
  • 食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着脱などに一部または多くの介助が必要。
  • 立ち上がりや歩行に支えが必要。
196,160円
要介護3
  • 食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着脱などに多くの介助が必要。
  • 立ち上がりなどが自分でできない。歩行が自分でできないことがある。
269,310円
要介護4
  • 食事や排泄、入浴、洗顔、衣服の着脱などに全面的な介助が必要。
  • 立ち上がりなどがほとんどできない。歩行が自分でできない。
  • 認識力、理解力などに衰えが見え、問題行動もある。  
308,060円
要介護5
  • 日常生活や身の回りの世話全般にわたって全面的な介助が必要。
  • 立ち上がりや歩行などがほとんどできない。
  • 認識力、理解力などに衰えが見え、問題行動もある。  
360,650円
 
非該当
介護保険外の保健福祉サービス等が利用できます。生活機能が低下している方は介護や支援が必要とならないように村が実施する介護予防事業などに参加できます。
短期入所サービスの連続した利用日数は30日までとなります。連続して30日を超えない利用であっても、要介護認定の有効期間のおおむね半分を超えないようにします。
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
福祉保健課 福祉係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3081  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: fukushi@vill.narusawa.lg.jp