山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内生活・環境合併処理浄化槽について
 
2008年6月20日 更新
印刷用ページを開く
合併処理浄化槽について
合併処理浄化槽の働き
合併処理浄化槽を設置することで、きれいな水を身近な環境に返して、日本の豊かな自然を守ることができます。環境の保全にとっては良いことづくめですが、そのためには合併処理浄化槽を設置した後の維持管理がきちんとなされなければなりません。
合併処理浄化槽の性能
合併処理浄化槽の性能は、汚れの指標であるBOD(生物化学的酸素要求量)除去率が90%以上、放流水のBODは20mg/l 以下となっています。
これは公共下水道と同じレベルの性能です。生活排水の中の汚濁物質量は(BOD量)は、1人1日当たり40gといわれています。合併処理浄化槽で処理すれば、この汚れがわずか4g以下に減ります。
BOD量が多い台所や洗濯、風呂などの生活雑排水が処理されない、単独処理浄化槽やくみ取りトイレの家庭と比較すると、その処理効果の差は非常に大きくなっています。
合併処理浄化槽
▲合併処理浄化槽の場合
単独処理浄化槽に比べ、
川などに放流される量が8分の1になります。
単独処理浄化槽
▲単独処理浄化槽の場合
単独処理浄化槽の場合
平成13年4月1日より、改正浄化槽法が施行され、下水道予定処理区域を除いて、浄化槽を設置する場合には、合併処理浄化槽の設置が義務づけられることとなりました。
汚れがきれいになる理由
汚水の中の汚物を浄化する主役は、浄化槽の中のたくさんの種類のバクテリアや原生動物などの微生物です。ところが、微生物は案外気むずかしやで、活発に働かせるためには、微生物が働きやすい環境を整えてやらなければなりません。
合併処理浄化槽の中では、そこに住む微生物によって汚物が分解、浄化され、そのあと浄化された水だけが放流され、汚泥はそのまま浄化槽の中に残ります。残った汚泥は、年に1回、専門の掃除業者によって引き出す必要があります。
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
住民課 生活環境係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3082  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: jumin@vill.narusawa.lg.jp