山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内生活・環境水道の工事や修繕について
 
2013年4月17日 更新
印刷用ページを開く
水道の工事や修繕について
漏水しているとき
前回検針時(2ヶ月前)に比べて、使用料が極端に増えたときは、地面の下や壁の中など目に見えないところで漏水していることがあります。
  • 家の中の蛇口を全て閉め、水道メーターのパイロットを確認してください。この針が回転しているときは、どこかで水道が漏水しています。 万一、水道の給水管等が破損したときは、応急措置としてメーターボックス内の止水栓を止めて下さい。漏水修理、宅内の工事修繕等については、鳴沢村指定給水装置工事事業者に依頼してください。
  • 道路などで陥没などして水が溢れているようなところを発見したら、溢れている水の量が多い少ないに関わらず、振興課水道係へ連絡して下さい。
    このような場合、地下に埋設してある配水管で漏水していることが考えられます。漏水は交通事故や凍結などの二次災害につながる可能性がありますので、発見したら出来るだけ早く振興課水道係に連絡して下さい。
鳴沢村指定給水装置工事事業者については一覧表があります。
水道管の防寒方法について
明け方の気温がマイナス4度以下に下がると、防寒の不十分な水道管は凍ったり破裂したりする事故がおきます。屋外にむき出しになっている水道管、建物の北側で日当たりが悪いような蛇口や水道管は点検をし、防寒処置を施しましょう。

水道管の露出している部分や防寒の不十分なところは、ボロ布や発砲スチロール、電熱線式凍結防止器などを巻いて保温しましょう。トイレの壁からロータンクに入っている水道の配水部分も防寒しておくと安心です。
水道管が凍ったときは、無理に蛇口のハンドルを回さず、管の露出部分にタオルなどを巻き、ぬるま湯を少しづつかけて暖めます。管に直接お湯をかけると破損することがありますので、注意してください。また、ドライヤーなどを用いて露出した水道管の周囲を根気よく暖めるのも効果的です。
PDFファイルはこちら
(siteikoujitenn.pdf: 156k)
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
振興課 水道係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3083  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: shinkou@vill.narusawa.lg.jp