山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内健康・保険・医療・年金各種健康相談・健康教育・教室ノロウイルスに注意!!
親情報へ 
2016年12月14日 更新
印刷用ページを開く
ノロウイルスに注意!!
感染性胃腸炎の予防対策について

県内では、本年11月25日から12月10日までの間に、ノロウイルスによる感染性胃腸炎の集団感染や食中毒が多数発生しており、今後、更に流行が拡大する可能性があります。
■厚生労働省 MHLWchannel


●感染性胃腸炎はどんな病気?
 一年を通して発生しますが、冬は特に患者が増加します。
 主にノロウイルスの感染により発症します。
 手指や食品を介して経口感染します。
 主な症状は、おう吐、下痢、腹痛です。
 子どもやお年寄りは重症化したり、おう吐物を誤って気道に詰まらせて死亡することがありますので注意が必要です。

●治療方法は?
 抗ウイルス剤はありませんので、対症療法となります
 水分と栄養の補給を充分に行いましょう。
 脱水症状がひどい場合には早めに病院を受診しましょう。

●予防方法は?
 特に、調理の前、食事の前、トイレの後には、しっかりと手を洗いましょう
 患者のおう吐物や便には大量のウイルスが含まれておりますので、2次感染を防ぐため、おう吐物、おむつなどの取り扱いには十分注意して下さい。
 調理の際は、中心部が85℃〜90℃、90秒以上となるようにしっかり火を通しましょう。

●おう吐物の処理方法は?
 おう吐物はビニール手袋、マスクを着用して処理しましょう。
 消毒にはアルコールでは不十分なので、市販の次亜塩素酸ナトリウムを適切な濃度で使用して下さい。
 処理後はしっかりと手を洗いましょう。
発生件数
○集団感染及び食中毒の発生件数(平成28年12月10日現在)
 


 
今シーズン
(平成28年9月〜)
昨シーズン同時期
件数 人数(暫定値) 件数 人数(確定値)
集団感染 7件 275人 1件 149人
食中毒 2件 10人 0件 0人
 
 
○感染性胃腸炎の発生動向
 
今シーズン第48週
(11/28〜12/4)
昨シーズン同時期
定点医療機関当たりの報告数 14.13人 4.29人
 
 
本文終わり
親情報へ ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
福祉保健課 保健衛生係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3081  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: fukushi@vill.narusawa.lg.jp