山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内産業遊休農地の課税強化について
 
2016年8月23日 更新
印刷用ページを開く
遊休農地の課税強化について

平成28年度税制改正の大綱(平成27年12月24日閣議決定)により、農業委員会が毎年1回実施する農
地利用状況調査・農地利用意向調査の結果により、農地中間管理機構と協議すべきと勧告された農業
振興地域内の遊休農地を対象に固定資産税の課税が強化されます。

この協議の勧告が行われるのは、農地利用意向調査において、機構への貸付けの意向を表明しない、
自ら耕作をすると回答したにも関わらず自ら耕作しない、そもそも意向の表明がない等、遊休農地が
放置されている場合に限定されます。


○実施時期
 平成29年度より実施されます。
 具体的には、毎年1月1日が固定資産税の賦課期日となっているため、初年度については、
 平成29年1月1日時点で協議勧告が行われている場合に課税強化が行われます。





このことについて、ご不明点がありましたら、下記連絡先までご相談ください。
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
振興課 産業係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3083  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: shinkou@vill.narusawa.lg.jp