山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内健康・保険・医療・年金熱中症に気をつけましょう
 
2016年6月8日 更新
印刷用ページを開く
熱中症に気をつけましょう
熱中症は例年、7月下旬から8月上旬にかけて梅雨明け頃に多発してます。熱中症の予防法と応急処置法を知り、家族みんなで夏を元気に過ごしましょう。
熱中症に気をつけましょう
【 ご存じですか? 熱中症 】
 熱中症とは高温・多湿などの環境で体内の水分や塩分バランスが崩れたり、体温調節機能がうまく働かないことにより、体内に熱がたまり、発症する障害の総称です。
 症状は筋肉痛や大量の発汗、さらには吐き気やだるさなどの症状が現れ、重症化すると意識障害などが起こります。

・暑さの感じ方は、人によって異なります。その日の体調や暑さに対する慣れなどが影響します。体調の変化に気をつけましょう。高齢者や子ども、障害者・障害児は、特に注意が必要です
・熱中症患者のおよそ半数は65歳以上の高齢者です。高齢者は暑さや水分不足に対する感覚機能が低下しており、暑さに対するからだの調整機能も低下しているので、注意が必要です。
・子どもは体温の調節能力がまだ十分に発達していないので、気を配る必要があります。
・のどの渇きを感じていなくても、こまめに水分補給しましょう。暑さを感じなくても室温や外気温を測定し、扇風機やエアコンを使って温度調整するよう心がけましょう。節電を意識するあまり、熱中症予防を忘れないようご注意ください
・気温や湿度の高い日には、無理な節電はせず、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。
・農作業も無理をしない程度にしましょう。

【 熱中症の症状が見られたら 】
<意識がない、もうろうとしている場合、自分で水分を飲めない場合>
  ⇒速やかに119番通報を行い、救急隊を要請しましょう。

<意識がある場合>
(1)涼しい場所への避難
風通しのよい日陰や冷房の効いている室内に移動し、足を高くして休みましょう。

(2)脱衣と冷却
衣服を緩めて、扇風機やうちわで扇ぐなど体からの熱を放散させましょう。(体に水をかけて扇いで冷やす方法もあります)
太い血管のあるわきの下や足の付け根、首すじなどに氷のうや保冷剤(冷たい缶ジュースなどでも代用可能)、冷たいタオルなどを当てて冷やしましょう。

(3)水分・塩分の補給
体の内部からも冷やすことができるよう、冷たい水を補給しましょう。大量の汗をかいた場合は塩分も適切に補える経口補水液やスポーツドリンクなどが最適です。

* 症状が回復しなければ、医療機関を受診しましょう。
リーフレットはこちら
(netsuyoboureaflet.pdf: 196k)
熱中症予防の普及啓発・注意喚起について
リンクはこちら
山梨県ホームページ
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
福祉保健課 保健衛生係
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3081  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: fukushi@vill.narusawa.lg.jp