山梨県鳴沢村
フォントサイズ変更 標準フォントサイズ 大きいフォントサイズ 最大フォントサイズ
サイト内検索
検索
サイトマップ トップページへ
トップ生活案内税金個人住民税の公的年金からの特別徴収制度
 
2009年10月4日 更新
印刷用ページを開く
個人住民税の公的年金からの特別徴収制度
 これまで納付書や口座振替により納付していただいた年金所得分の個人住民税を、公的年金から引き落としさせていただく制度が平成21年10月から始まります。この制度は、納税方法を変更するもので、新たな税負担をお願いするものではありません。
どのような人が対象となるの?
 その年の4月1日現在、年齢が65歳以上の年金受給者で、前年中の公的年金所得に係る個人住民税の納税義務のある方です。ただし、「介護保険料が年金から引き落としされていない方」「引き落としされる個人住民税が老齢基礎年金等の額を超える方」などは対象になりません。
※対象となる方は、6月に送付した「平成21年度 村民税・県民税 税額決定通知書」の【年金特別徴収月割徴収額】欄に、10月分から特別徴収税額が記載されていますので、再度ご確認をお願いします。
どこから引き落とされるの?
 老齢基礎年金又は昭和60年以前の制度による老齢年金、退職年金等です。障害年金及び遺族年金などの非課税年金からの個人住民税の引き落としはされません。
※昭和60年の改正後の制度に基づく老齢厚生年金・退職共済年金や企業年金など、いわゆる2階、3階部分の年金からは引き落としはされません。

引き落とされる個人住民税額は?
 引き落とされるのは、年金所得の金額から計算した個人住民税額のみです。対象となる方に給与所得や事業所得などに対する個人住民税がある場合、その部分については、これまでどおり給与からの引き落としか、納付書により役場や金融機関などの窓口で納めていただくか、口座振替により納めていただくことになります。
いつから引き落としが始まるの?
 平成21年10月支給分の年金から引き落としが始まります。
☆平成21年度の公的年金に係る住民税個人税の納付方法は、
 ・平成21年度の税額の半分は、平成21年6月、8月の2回に分けて、既に納付書が発行されています。
 ・残る半分の税額を10月、12月、平成22年2月の3回に分けて、公的年金からの引き落としにより納めていただきます。
☆広報6月号に制度の説明が掲載されていますのでご覧ください。
PDFファイルはこちら
(koutekinenkin_leaflet.pdf: 1691k)
本文終わり
ページのトップへ

※用語解説のリンクは「Weblio辞書」のページに移動します。

お問い合わせはこちら
税務課
〒401-0398
山梨県南都留郡鳴沢村1575
Tel: 0555-85-3080  Fax: 0555-85-2461
E-Mail: zeimu@vill.narusawa.lg.jp